中台、軍の宣伝動画で応酬 春節にあわせ相次ぎ公開

演習を行う台湾軍。中台両軍が春節にあわせて宣伝動画を相次いで公開した/Military News Agency

演習を行う台湾軍。中台両軍が春節にあわせて宣伝動画を相次いで公開した/Military News Agency

香港(CNN) 中国と台湾の当局はこのほど、春節(旧正月)に合わせた軍の宣伝動画をそれぞれ公開した。中台関係の緊張が高まるなかで再び応酬を繰り広げた格好だ。

中国人民解放軍(PLA)が3日に発表した動画では、台湾各地の有名な景色と前後してPLAの戦闘機や爆撃機が飛行する様子が映っている。

  
      

動画のタイトルは「闘志みなぎる我がタカは、台湾全土を飛行する」。バックに流れる音楽の歌詞では、「兄弟姉妹」に対して「おとなしく戻る」よう呼びかけている。

これに対し、台湾軍も兵士や戦車および爆発の様子をとらえた動画を発表。映像の冒頭には「1日24時間、週7日いつでも臨戦態勢にある」との文言をかぶせた。

  
      

動画と一緒にフェイスブックに投稿した文章では、「多くの要員は家族と囲む春節の夕食の席を恋しく思うだろうが、国を守る役割を放棄することはない」と強調した。

中国と台湾の間では2016年から徐々に緊張が高まってきた。中国政府は台湾に対する軍事的・経済的な圧力を強化。1月には習近平(シーチンピン)国家主席が台湾独立は「袋小路」だと警告し、「平和的統一」を呼びかけていた。

台湾海峡の両岸は現在、春節休暇のまっただ中で、政府の大部分は閉鎖されている。それだけに中国による動画公開と台湾の素早い対応は異例といえる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]