氷河上空で小型機とヘリが衝突、7人死亡 伊アルプス

ローマ(CNN) イタリアの山岳遭難救助当局は27日までに、同国のアルプス山中にあるルイトール氷河上空で小型航空機とヘリコプターが衝突し、搭乗していた7人が死亡したと報告した。

フランス人とスイス人の計2人が負傷し、入院した。ヘリには操縦士、登山ガイドに乗客4人の計6人が搭乗。小型航空機には3人が乗り、山岳飛行の訓練を実施していたという。

両機の衝突は25日、イタリア北部バレアオスタ州ラトゥイール近くのルイトール氷河上空で起きた。フランス、スイス両国との国境に近い。

医療班や救助隊員を乗せたへり2機が出動し、捜索に当たっていた。25日の時点で5人の死亡と2人の負傷者を確認。クールマイユールの財務警察の山岳遭難救助当局者によると、26日朝に捜索を再開し、別の2人の遺体を同日発見していた。

衝突の原因を調べている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]