豪首相、気候変動対策求める生徒らのデモに苦言 「もっと勉強を」

気候変動対策の不備に抗議し、豪州の生徒らが学校を3日間ボイコットするという/Julian Meehan/schoolstrike4climate/Flickr

気候変動対策の不備に抗議し、豪州の生徒らが学校を3日間ボイコットするという/Julian Meehan/schoolstrike4climate/Flickr

(CNN) オーストラリアで若者たちが気候変動対策を訴え、学校の授業を3日間ボイコットする計画に対し、モリソン首相が「生徒は学校へ行くべきだ」と反対姿勢を明確にした。

ボイコットは気候変動対策を求める「スクール・ストライキ」と題し、オーストラリア全州の州都で28日から3日間予定されている。

モリソン氏は26日、議会での質疑で「我々が望むのは学校でもっと勉強することであり、政治活動ではない」と強調。「学校以外の場所で対処できることのために、子どもたちが欠席するという考えは支持できない」「学校が議会になることには賛同しかねる」と述べた。

さらに政府が取り組んでいる複数の気候変動対策を挙げたうえで、「もう1つ表明したいのは、子どもは学校へ行くべきだということだ」と語った。

生徒たちは政府に対し、クイーンズランド州で進められているカーマイケル炭鉱開発事業を中止し、石炭と天然ガスを採掘する新規事業を凍結し、2030年までに再生可能エネルギーに完全移行するよう求めている。

ボイコットの主催グループはCNNへのメールで、「モリソン氏のように力を持つ人物が気候科学者の声に耳を傾け、危険な気候変動を食い止めるために行動を取ってくれたら、私たちがみんなで気候変動活動家になる必要などなかったはず」と主張した。

オーストラリアは記録的な干ばつに見舞われ、地球温暖化との関連が指摘されてきた。しかし気候変動懐疑派の政治的影響力は依然として強く、これまでに対策を主張した複数の首相が辞任に追い込まれている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]