海で遊泳中の男性死亡、エイが襲撃か 豪

豪州の水族館で飼育されているアカエイ(左)/TORSTEN BLACKWOOD/AFP/AFP/Getty Images

豪州の水族館で飼育されているアカエイ(左)/TORSTEN BLACKWOOD/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) オーストラリア南東部タスマニア州の海で泳いでいた男性が、エイによるものとみられる傷を受けて死亡していたことが19日までにわかった。

警察の声明によると、この42歳の男性は1人で遊泳中に「下腹部を刺された」。友人らが海岸へ引き上げ、駆け付けた地元の救急隊から心肺蘇生措置を受けたもののそのまま死亡した。

警察は傷を調べた結果として「おそらく海洋生物につけられたものだが、サメが絡んだ事故ではない」と述べた。その後、報道により、傷はアカエイがつけたものだとする見方が示された。

男性の身元は豪ABCが特定した。現場の浜辺はタスマニア州の州都ホバートから16キロほどの地点。海水浴客に人気のスポットだが、アカエイやガンギエイが生息していることでも知られる。

海洋生物学者のピーター・ラスト氏によれば、アカエイが人を襲うのは極めてまれだという。

2006年には、「クロコダイル・ハンター」のニックネームで人気を集めたテレビキャスターのスティーブ・アーウィン氏が、オーストラリア北部の海岸でアカエイのとげが胸に刺さったことにより、死亡していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]