INF破棄にロシア反発、ゴルバチョフ氏も「無責任」と批判

トランプ氏がINF全廃条約破棄の意向を示したことに対し、ロシア政府が反発した/JORGE SILVA/AFP/AFP/Getty Images

トランプ氏がINF全廃条約破棄の意向を示したことに対し、ロシア政府が反発した/JORGE SILVA/AFP/AFP/Getty Images

モスクワ(CNN) ロシア政府は22日、米国のトランプ大統領が中距離核戦力(INF)全廃条約の破棄を表明したことについて、もし米国が新たなミサイル開発に着手すれば、ロシアも対抗措置を取らざるを得ないとの立場を示した。

INF全廃条約は米国が1987年にソ連と結んだ条約で、トランプ大統領が破棄する意向を表明したことで、米ロ間の軍拡競争再燃に対する懸念が強まっている。

トランプ大統領は同条約破棄の理由として、「ロシアが条約を破っている。何年も前から違反してきた」と主張していた。

これに対してロシアのペスコフ大統領報道官は22日、条約違反を強く否定。短距離あるいは中距離ミサイルの発射にも利用できるミサイル迎撃システムを配備することによって同条約を弱体化させたのは米国の方だと反論し、「ロシアは自国の安全を保証するために対抗措置を取らざるを得ない」とするプーチン大統領の声明を伝えた。

ロシアのRIAノーボスチ通信によると、1987年に当時のレーガン米大統領との間でINF全廃条約に調印した旧ソ連のゴルバチョフ元共産党書記長は、トランプ大統領の破棄表明を「受け入れられない」「極めて無責任」と批判した。

米国のボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)はロシアを訪問し、22日にロシアのパトルシェフ安全保障会議書記と会談している。

ゴルバチョフ氏は、米ロ間でINF全廃条約を維持するための合意が成立する可能性はまだあるとの期待を示し、「成功するかどうかは分からない。だがまだ手遅れにはなっていない」との見方を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]