プーチン大統領、オーストリア外相の結婚式に出席

オーストリアのクナイスル外相(左)と踊るプーチン大統領/AFP Contributor#AFP/AFP

オーストリアのクナイスル外相(左)と踊るプーチン大統領/AFP Contributor#AFP/AFP

(CNN) ドイツを訪問したロシアのプーチン大統領が途中でオーストリアに立ち寄り、カリン・クナイスル外相の結婚式に出席した。野党からは、欧州連合(EU)のロシアに対する姿勢を踏みにじるものだと批判する声が出ている。

クナイスル外相はオーストリア南部のワイナリーで18日、起業家のウォルフガング・メイリンガー氏と結婚式を挙げた。プーチン首相は伝統のウェディングドレスをまとったクナイスル外相とのダンスも披露した。

ロシア国営タス通信によると、プーチン大統領は花束を携えて式場に現れ、同伴したコサック合唱団が新郎新婦を楽しませた。プーチン大統領はその後、ドイツを訪れてメルケル首相と会談した。

野党はクナイスル外相がプーチン大統領を結婚式に招待したことについて、ロシアに対するEUの外交政策に反すると批判した。EUはウクライナのクリミア半島をロシアが併合したことを受け、2014年に対ロシア制裁を発動している。

今年3月には英国でロシア人の元スパイが襲撃された事件にロシアが関与したとして、EU加盟国の多くがロシア外交官を追放した。

しかしクルツ首相率いる国民党が極右の自由党と連立を組むオーストリアは、ロシア外交官の追放に踏み切らなかった数少ないEU加盟国の1つだった。18日の結婚式にはクルツ首相も出席していた。ロイター通信によると、自由党はプーチン大統領率いる統一ロシア党と協力協定を結んでいる。

クナイスル外相とプーチン大統領は特に親しい友好関係が知られているわけではないとロイター通信は伝えている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]