洞窟の少年ら13人 救出方法の模索続く、4カ月分の食料も タイ

洞窟で発見された少年ら、救出方法の模索続く

(CNN) タイ北部チェンライ県の洞窟で行方不明になっていた少年など13人が、9日ぶりに無事発見された。しかし13人の安全が確保されたわけではなく、洞窟から助け出す方法については発見から一夜明けた3日現在も模索が続いている。

タイ海軍の特殊部隊(SEAL)によると、サッカーチームの少年12人とコーチ1人は多少衰弱しているものの、けがはかすり傷程度しか負っていないことが確認された。食事もダイバーが届けたという。

外で待つ家族は喜びに沸いているが、まだ危険が過ぎ去ったわけではないと当局は強調する。13人がいるのは洞窟の入り口から約2キロ、地下800メートル~1キロの地点。水位が上昇し続ける恐れもある。

避難場所となっている岩場は傾斜していて泥に覆われ、狭い場所に13人が身を寄せ合っている。周囲は水に取り囲まれた状態にある。

赤丸の1は洞窟の入り口、2は持ち物が発見された地点、3は少年らが発見された地点。地表から800メートル~1キロ下にある
赤丸の1は洞窟の入り口、2は持ち物が発見された地点、3は少年らが発見された地点。地表から800メートル~1キロ下にある

タイは現在、モンスーンの雨季に入っており、2日はいったん収まっていた雨が、3日は再び降り始めた。洞窟内には排水用の巨大ポンプが設置されているが、再び水が流れ込めば、救出活動が振り出しに戻る可能性もある。

ダイバーは水没した狭い迷路のような洞窟をくぐり抜け、9日がかりで13人のいる場所にたどり着いた。しかし少年たちが暗闇の中でこの複雑な地形をたどることは難しい。急流に襲われたり、泥水の中を通ったりしなければならない場所もある。

ダイビングで救出する方法も検討されているが、これは大きな危険を伴う恐れもあり、米国の専門家は「洞窟ダイビングは熟練ダイバーにとっても極めて危険が大きい。それなのに、ダイビングの経験がほとんど、あるいは全くない人たちが、複雑で真っ暗闇の状況の中で、計器に頼ってタンクで呼吸しなければならない」と危惧する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]