はしかがロシアで猛威、W杯観戦者はワクチン接種を WHO

世界中から多くの観客が訪れるW杯では、はしかの感染リスクが高まるとみられる

世界中から多くの観客が訪れるW杯では、はしかの感染リスクが高まるとみられる

米ジョンズ・ホプキンス・ブルームバーグ公衆衛生大学院で分子微生物学などを専攻するダイアン・グリフィン教授は、さまざまな国から人が集まるW杯のような巨大スポーツイベントについて、はしかが流行するうえで絶好の環境を提供すると指摘する。

WHOのバトラー氏は「万が一感染してしまった場合は、自国や他の国にウイルスを持ち込まないようにするのも非常に大切になる」と説明。その上で「重要なのはW杯に行こうが行くまいが、誰もがワクチンを確実に接種することだ」と強調した。

W杯ロシア大会は今月14日に開幕し、来月15日までの日程で行われる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]