シリア化学兵器使用疑惑、500人に影響か WHO試算

ダマスカス近郊の東グータ地区で化学兵器が使用されたとみられる

ダマスカス近郊の東グータ地区で化学兵器が使用されたとみられる

(CNN) シリアの首都ダマスカス近郊の東グータ地区で化学兵器が使用されたとみられる問題で、世界保健機関(WHO)は11日、約500人が化学兵器の影響を受けた可能性があると明らかにした。東グータのドゥーマでは化学兵器を使った攻撃により数十人が死傷したとみられているが、正確な数字はわかっていない。

WHOは声明で、提携している医療団体などからの報告を引用し、推計500人が毒性のある化学物質にさらされた場合と合致する症状を医療機関で示しているとした。症状の中には、呼吸不全や粘膜の激しい炎症などが含まれる。

WHOによれば、避難施設の地下で70人以上が死亡したとの報告があった。このうちの43人が毒性のある化学物質にさらされたことと関係があるという。

WHOは当該の地域への早急かつ制限のないアクセスを要請し、アクセスが許可され次第、被害者に支援を行う体制を整えているとした。

国連安保理では化学兵器使用疑惑に関する調査チームの設立をめぐって、米国とシリアの同盟国であるロシアが対立し、それぞれの調査チーム設立案が廃案となった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]