レストランに神経剤の痕跡、衣類洗浄呼びかけ 元スパイ襲撃

2018.03.12 Mon posted at 10:06 JST

[PR]

(CNN) 英イングランド南部ソールズベリーで元二重スパイのロシア人男性(66)とその娘(33)が神経剤で襲撃された事件で、現場のレストランなどから神経剤の痕跡が発見され、当局は11日、この店に居合わせた客に対し、着ていた衣類などを洗浄するよう呼びかけた。

医療当局者の発表によると、ソールズベリーにあるイタリアンレストランの「Zizzi」とパブ「Mill」の両方から、神経剤の痕跡が見つかった。

当局者は、居合わせた客に健康被害はなかったと確信しているとしながらも、4日午後1時半から5日夕刻にかけて両店に居合わせた客は、念のため、その時に来ていた服や、持っていた所持品を全て洗浄するよう促した。

この事件では、ロシア人の元二重スパイ、セルゲイ・スクリパリ氏と娘のユリア氏が重体に陥った。2人は4日午後、ソールズベリーのショッピングセンター近くのベンチの上で意識を失った状態で発見され、当局は何者かが神経剤で2人を襲撃したとみて、殺人未遂事件として捜査している。

神経剤の痕跡が見つかったレストランとパブのほか、2人が発見されたベンチや駐車場、スクリパリ氏の自宅、および同氏の妻と息子の墓は、今も封鎖された状態が続いている。

警察はこれまでに200人以上の目撃者を特定し、240点の証拠を発見。襲撃に使われた神経剤も突き止めたとしているが、薬品の種類や具体的な襲撃方法については明らかにしていない。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]