車から外国人に銃撃 6人負傷、人種対立か イタリア

2018.02.04 Sun posted at 14:28 JST

[PR]

(CNN) イタリア中部マチェラータで3日、走行中の車から複数の外国人への銃撃があり、軍警察などによるとナイジェリア人5人とガンビア人1人が負傷した。28歳の男が逮捕された。

同市のカランチーニ市長はCNNの取材に、人種対立絡みの犯行と指摘。また、18歳のイタリア人女性が殺害されナイジェリア人の男が逮捕された最近の事件との関連性に言及した。今回の銃撃が起きたのは女性の切断遺体が見付かった場所近くだった。

警察の写真には拘束の際、容疑者はイタリア国旗を首の周りに巻いているような様子が写っていた。また、取り押さえられた際、ファシスト式の敬礼を行っていたという。凶器の銃は容疑者の車の中で発見された。

選挙管理委員会の記録によると、容疑者は昨年の地方選で反移民の右派政党「北部同盟」の候補者として近くのコッリドニア町から出馬。だが、支持票はなかったという。

メールマガジン

[PR]