ファタハとハマス、和解合意を発表 パレスチナ

2017.10.13 Fri posted at 11:09 JST

[PR]

エルサレム(CNN) パレスチナ自治政府の主流派ファタハと同自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスの報道担当者は12日、和解協議で合意に達したと発表した。

発表では今回の合意の下、新たな統一政府が12月にガザの行政権限を掌握する見通しで、合意が維持されれば、2007年に両組織の間で武力衝突が起きて以来10年間に及んでいる対立に終止符が打たれる可能性もある。ハマスは衝突の際、ガザから自治政府を追放。現在は自治政府のアッバス議長率いるファタハがヨルダン川西岸を統治する一方、ハマスはガザを実効支配している。

両組織は10日、仲介に当たったエジプトの首都カイロで和解協議を開始していた。

ハマス幹部はカイロで行われた記者会見で、ファタハとの分裂に終止符を打つ決意を表明。「パレスチナの人々の統一を引き続き推進し、われわれの希望や目標を達成するほかに選択肢はない」と述べた。

またファタハ幹部は同じ会見で、パレスチナ自治政府が来月1日までに、イスラエルやエジプトからガザへの全ての入境について管理権限を掌握する見通しだと明らかにした。エジプト当局の声明によれば、その1カ月後には、新たな統一政府がガザの運営の全責任を引き受ける予定だという。

今回の合意を巡りこれ以上の詳細は公表されていない。以前の協議では、自治政府がハマスに対し軍事部門の解体や治安権限の委譲を要求して拒否されるなど、ガザ境界の管理権限のほかにも多くの問題で双方の主張が対立していた。

メールマガジン

[PR]