パプアニューギニアでM7.9の地震、津波警報発令

パプアニューギニアでM7.9の地震が発生

パプアニューギニアでM7.9の地震が発生

(CNN) 南太平洋のパプアニューギニアで22日にマグニチュード(M)7.9の地震があり、沿岸部に津波警報が発令された。

地震は現地時間の22日午後2時半に発生した。米地質調査所は当初、地震の強さをM8.0と発表していたが、後にM7.9に引き下げた。震源の深さは153キロ、震源地は同国東部のパングナから約40キロ西部だった。

太平洋津波警報センターはこの地震を受け、最大で高さ1メートルの津波が発生する恐れがあるとしてパプアニューギニアやソロモン諸島の一部沿岸地域に警戒を呼びかけた。

米地質調査所は、約7万2000人が今回の地震の揺れを感じたと推定。この地域は耐震性が不十分な住宅が大部分を占めることから、負傷者が出た可能性もあるとしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]