偽物の輸入米2.5トン押収、健康被害を懸念 ナイジェリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

別の女性は贈り物としてもらった米を炊いて異常に気付き、夫が当局に通報したという。

税関当局の報道担当者によると、25キロ入りの米221袋が流入し、押収されなかった119袋はすでに出回っているとみられる。同当局者は「プラスチックというより小麦粉をゴムの膜で覆ったような感じ」と話した。

米はナイジェリアの食卓に欠かせない穀物で、クリスマス・シーズンには特に需要が増える。近年は生産が追い付かず輸入に頼っているが、通貨安の影響で1年前の2倍以上に値上がりした。偽物の米は半値に近い価格で手に入るため、買ってしまう消費者が多いという。

同国オグン州にあるバブコック大学のビクトリア・フェイケミ博士は、偽物の米には合成樹脂が入っていると指摘。「3杯でビニール袋を1枚食べたことになる」と警告している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]