スーツケースに隠れ密航、駅でファスナー開けて現れ拘束 スイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CNN) スイスの国境警備隊当局者は9日までに、イタリア国境に近いティチーノ州にある鉄道駅でスーツケースの中に潜んでイタリアからスイスへの密航を図ったアフリカ北東部エリトリアの男(21)を拘束したと発表した。

国境警備隊の監視カメラの映像には、プラットホーム上に置かれたスーツケースの内部から男の手が伸びて、ファスナーを開けようともがく場面もとらえられていた。現場に急行した警備隊員が残りのファスナーを開けることを手伝っていた。

スイスへの不法入国を狙い、男がスーツケースの中に自ら忍び込み、中からファスナーを閉めたとみられる。男は長身だが、身長の数字は伝えられていない。摘発された後、イタリアに送り返された。

欧州諸国は現在、中東やアフリカ諸国などからの難民や移民らの殺到への対策に追われている。欧州内に入った難民らは今年これまで22万人以上とされる。主要な通過ルートは地中海の渡航だが危険性も高く、今年に入り約3000人が海難で命を落としている。

スイスの入国管理当局の情報を引用した報道によると、ティチーノ州への到着を試みた移民らの人数は今年5月30日以降、3400人以上となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]