生理中の女性隔離、ネパールの15歳少女が死亡

衛生状態は悪く、窓がないため通気も悪い

衛生状態は悪く、窓がないため通気も悪い

地域によっては、教育の神を怒らせるという恐れから生理中の女性が本を読んだり触れたりすることさえ禁じることもあるという。

ネパールの最高裁判所は2005年にチャウパディを違法とする判断を示し、政府はその3年後、チャウパディ撲滅に向けたガイドラインを公表した。それでも西部の山間部などには今もその習慣が根強く残る。

ガジャラ村は2015年にチャウパディ撲滅を宣言したが、アチャム郡の当局者によると、同郡の女性13万8000人のうち70%以上が今もこの習慣に従っているという。

政府の統計によるとガジャラ村の人口は約1500人。チャウパディ撲滅宣言は90%を超す世帯がこの習慣をやめた時点で宣言される。しかし「地元の霊能者が村に起きた不幸は少女や女性がチャウパディの伝統を破ったためだと言いふらし、家族が娘や妻を再びこの習慣に従わせている」(女性・児童・社会福祉省広報)。それでも今回のような悲惨な事例は極めてまれになったと同広報は話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]