クリスマス狙ったテロを阻止、オーストラリア警察発表

2016.12.23 Fri posted at 11:04 JST

[PR]

(CNN) オーストラリア警察は23日、南東部の大都市メルボルン中心部でクリスマス前後に計画されていたテロを未然に食い止め、7人を逮捕したと発表した。

ビクトリア州警察によると、国の合同テロ対策機関が23日未明にかけ、いずれも20代の男6人と女1人を逮捕した。現時点でテロが実行される恐れはなくなったとしている。

テロ計画は過激派組織イラク・シリア・イスラム国(ISIS)に影響されたものだったと警察は説明、メルボルン中心部の広場や駅、大聖堂が標的だったとしている。

オーストラリア警察によれば、7人はテロ計画に関する捜査に関連して22日夜に行った5カ所の捜索の過程で逮捕した。ビクトリア州警察のグレアム・アシュトン本部長は、クリスマスの25日が狙われていたようだと話している。

アシュトン本部長によると、逮捕した7人のうち容疑者5人は今も勾留中で、テロ計画にかかわった疑いで取り調べを受けている。4人はオーストラリア生まれ、残る1人はエジプト出身でオーストラリア国籍を保持。容疑者はいずれも自ら過激化した人物だとしている。

オーストラリアでは10月にも、ISISにつながっているとされた10代の2人がテロを計画したとしてシドニー郊外で逮捕された。2014年にはシドニー市内のカフェで銃を持った男が人質を取って立てこもり、人質2人と男が死亡している。

メールマガジン

[PR]