ヨルダン観光地に襲撃、外国人観光客ら10人死亡

ヨルダンの観光地カラク。武装集団の襲撃により死者が出た

ヨルダンの観光地カラク。武装集団の襲撃により死者が出た

ヨルダン・アンマン(CNN) ヨルダン中部のカラクで18日、観光名所の城が武装集団に襲撃され、外国人観光客を含む10人が死亡、34人が負傷した。当局者は「卑劣なテロ」と非難している。

治安当局によると、カラクでパトロール中の警察官が銃撃され、続いて城内の駐在所が襲撃されて、武装集団が城に立てこもった。ロイター通信は警察や治安部隊の話として、城内にいた観光客も出られなくなっている様子だと伝えていた。ヨルダン当局者は、観光客などが人質に取られたのかどうかは明らかにしていない。

治安部隊は数時間にわたって城を包囲。当局は現地時間の同日午後11時半ごろ、事態が収束し、城内にいたテロリスト4人を殺害したと発表した。

この事件で治安部隊の7人とヨルダン人2人、カナダ人観光客1人が死亡した。負傷した34人の内訳は、治安部隊員15人とヨルダン人17人、外国人観光客2人だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]