ユダヤ人2万人救った外交官、71年ぶりに死亡認定

スウェーデンの外交官としてハンガリーに赴任したワレンベリ氏(1937年ごろ)

スウェーデンの外交官としてハンガリーに赴任したワレンベリ氏(1937年ごろ)

(CNN) 第2次大戦中に数万人のユダヤ人の命を救ったスウェーデンの外交官ラウル・ワレンベリ氏について、スウェーデン政府がこのほど、行方不明になってから71年ぶりに死亡を認定した。

ワレンベリ氏は1944年にハンガリーのブダペストに赴任して、同地のユダヤ系住民の居住区に事務所を開設。推定2万人のハンガリー系ユダヤ人に証書を発行してスウェーデンへ出国させた。

しかし1945年1月にソ連軍の侵攻でブダペストが陥落すると、ワレンベリ氏は拘束され、以来、行方が分からなくなった。

同氏の親族は昨年、スウェーデン政府に対して同氏の死亡を確認してほしいと要望。スウェーデンの法律では、5年以上行方が分からない人物については税務当局が死亡を認定できると定めている。

スウェーデン税務当局は1947年7月末にワレンベリ氏の消息が途絶えたとし、5年後の1952年7月31日を死亡日と認定した。ただし「この日が実際の死亡日だったかどうかを税務当局が判断するものではない」としている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]