テロ計画容疑でシリア難民の男逮捕、ISISと関連か 独

2016.10.11 Tue posted at 09:58 JST

[PR]

(CNN) ドイツ東部ザクセン州ケムニッツのアパートから強力な爆弾が見つかった事件で、当局は10日、行方を追っていたシリア難民の男を逮捕したと明らかにした。イスラム過激思想に基づく爆弾テロを計画していたとみられ、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」とのつながりが疑われるという。

逮捕されたのはジャバル・アルバクル容疑者(22)。州警察が2日間にわたる捜索の末、ケムニッツから約100キロ離れた同州ライプツィヒのアパートで発見した。

このアパートに住むシリア人男性2人は8日、ライプツィヒ市内の鉄道駅でアルバクル容疑者と知り合い、泊めてほしいと頼まれた。2人はこれに応じたが、同日夜にインターネットのソーシャルサイトを通し、同容疑者が警察に手配されていることを知った。2人は同容疑者をアパートのソファに縛り付けたうえでソーシャルサイト上で警察に通報し、出動を要請したという。

警察は安全上の理由から、この2人の身元を公表していない。メルケル首相は2人が率先して警察に協力したことをたたえた。

当局の調べによると、アルバクル容疑者は自爆ベストを使ったテロを計画していたとみられる。具体的な標的はまだ明らかになっていない。

メールマガジン

[PR]