テロ計画容疑でシリア難民の男逮捕、ISISと関連か 独

住居で爆発物が見つかり、一部地域を警察が封鎖した

住居で爆発物が見つかり、一部地域を警察が封鎖した

警察は8日、同容疑者が住んでいたとみられるケムニッツのアパートで破壊力の強い爆発物を発見していた。ISISがパリやブリュッセルでのテロに使ったのと同じ「TATP(過酸化アセトン)」爆薬だった可能性が高い。

デメジエール内相は10日に発表した声明で、「ケムニッツで進められていたテロの準備は我々の知る限り、パリとブリュッセルで起きたテロの準備に似ている」と述べた。

同州内務当局によると、アルバクル容疑者は昨年2月にドイツに入国。1年後に正式な難民申請を出し、今年6月に認定されていた。

同容疑者のほかにもう1人、33歳の男も逮捕された。この男は昨年11月にドイツ入りし、今年3月に難民の認定を受けた。

ドイツでは難民に寛容な政策をとるメルケル首相の下、昨年1年間だけでシリアなどから100万人以上が流入した。国内では今年、難民による事件が続発。大事には至っていないものの、当局が警戒を強化している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]