北朝鮮メディア、トランプ氏を称賛 クリントン氏はけなす

北朝鮮メディアのサイトに、米大統領候補のトランプ氏を称賛する論説が掲載された

北朝鮮メディアのサイトに、米大統領候補のトランプ氏を称賛する論説が掲載された

(CNN) 北朝鮮の公式メディアサイトに31日、米大統領選で共和党の指名が確定した不動産王ドナルド・トランプ氏を称賛する論説が掲載された。トランプ氏は2週間前、朝鮮労働党の金正恩(キムジョンウン)委員長との対話に前向きな姿勢を示していた。

一方で民主党最有力候補のヒラリー・クリントン前国務長官に対しては、否定的な見解が述べられた。

論説は中国の北朝鮮専門家とされる人物がDPRKトゥデーに寄稿。トランプ氏について「聡明」「思慮深い」と評した上で、「大統領選で米国民が投票すべきは、頭が鈍く、朝鮮半島の核問題解決にイラン方式の採用を提唱しているヒラリー氏ではない。北朝鮮との直接対話に言及したトランプ氏だ」と主張した。

この翻訳は、北朝鮮専門の独立系英語ニュースサイト、NKトゥデーに掲載された。

論説では東アジアの同盟国に対するトランプ氏の発言にスポットを当てている。トランプ氏は日本と韓国に駐留する米軍の7万5000人あまりを撤収させる案に言及し、3月のインタビューで「日本は凶暴な北朝鮮に対して自衛した方がいい」「韓国も自衛してくれた方が助かる。自衛できないのなら我々に支払いをすべきだ」と主張していた。

論説ではこの主張について、「『ヤンキー・ゴー・ホーム』のスローガンがこのような形で実現すると誰が考えただろう」「『ヤンキー・ゴー・ホーム』のスローガンが現実になる日は、朝鮮半島統一の日になる」と論じている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]