タイの有名寺院、トラを放して捜索に抵抗

トラと触れ合えることで人気のタイの寺院を当局が捜索=World Wildlife Fund

トラと触れ合えることで人気のタイの寺院を当局が捜索=World Wildlife Fund

バンコク(CNN) トラと歩いたり写真を撮ったりできる観光名所になっていたタイの寺院に対し、来訪者を危険にさらしているなどとして捜索令状が出された。寺院は飼っているトラの一部を放して当局のチームに抵抗している。

問題になっているのは、首都バンコク西郊のカンチャナブリ県にある通称「トラ寺院」。ここには137頭に上るトラが飼育されていた。

野生生物保護当局は寺院に対し、トラを写真撮影などに使うのをやめるよう呼び掛けるなど交渉を続けてきた。しかし寺院側が応じなかったため、地元裁判所がこのほど捜索令状を出した。

これを受けて当局の職員や獣医、警官、軍要員ら2000人以上が動員され、トラを隣県へ移送することになった。しかし同当局の責任者が31日、CNNに語ったところによると、当局のチームが30日に到着した時にはトラが至る所を歩き回っていた。寺院側がチームを妨害するため、わざと放したとみられる。

寺院は当初、チームの立ち入りを拒否した。半日に及ぶ押し問答の末に中へ入ったスタッフらは、麻酔銃を使ってようやく8頭を捕獲。同責任者は「これからさらに作業のスピードを上げたい」と話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]