ワニが70代男性ら襲う、1人死亡 スパナで撃退し命拾いも

(CNN) オーストラリア北部準州ダーウィンの近郊で、カニ釣りをしていた70代の男性2人がワニに襲われ、1人が死亡した。もう1人はスパナと点火プラグを使って複数のワニを撃退したという。CNN系列局のセブン・ネットワークが伝えた。

救助に出動した航空医療団体ケアフライトの担当者によると、レイ・マコンバーさん(72)とノエル・ラメージさんは休暇のため同地を訪れてカニ釣りを楽しんでいた。ボートの端に寄ってカニの入ったかごを引き揚げようとしたところ、ワニが現れてボートに襲いかかり、転覆させた。

水中に投げ出された2人はボートにしがみつこうとしたが、ラメージさんは途中で溺れて死亡した。マコンバーさんはスパナでワニの頭を殴り、ボートのモーターから点火プラグを引き抜いて、襲ってきた別の複数のワニめがけて投げつけた。ワニが何頭いたのかは分からないと話しているという。

ボートは全長約3メートルほど。マコンバーさんはマングローブの茂みに逃げ込んで命拾いした。

マコンバーさんは3時間後、マングローブ林の中でカニ釣り船に発見され、救助された。衰弱が激しく強いショックを受けていたが、病院に運ばれて回復し、退院したという。ラメージさんは遺体が回収された。

ケアフライトのイアン・バダムさんによると、男性を襲ったのはどう猛なイリエワニだった。世界各地から休暇でオーストラリア北部を訪れる人たちは、この地の動物がどれほど危険かを分かっていないとバダムさんは言い、「こうしたことはたびたび起きている。単なる作り話ではない」と話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]