LGBT活動家殺害、過激派1人を逮捕 バングラデシュ

ダッカで起きた活動家殺害に関連して過激派のメンバー1人が逮捕された

ダッカで起きた活動家殺害に関連して過激派のメンバー1人が逮捕された

(CNN) バングラデシュの首都ダッカの警察は15日、性的少数者の運動を率いていた活動家2人が殺害された事件に関与した疑いで、イスラム過激派のメンバー1人を逮捕したと発表した。

警察の広報官によると、同国のイスラム過激派「アンサルラ・バングラ・チーム(ABT)」のメンバー、シャリフル・イスラム・シハブ容疑者(37)が同国西部クシュティアで逮捕された。

同容疑者がかかわったとされるのは、ダッカ市内のアパートで先月25日、ズルハズ・マンナン氏ら2人が荷物の配達を装った集団になたで襲われ死亡した事件。マンナン氏は米国際開発庁(USAID)の職員で、性的少数者の問題を扱う雑誌の編集者も務めていた。もう1人の被害者も国内のイベントやテレビで性的少数者の権利を主張していた。

同国では過去14カ月の間に、世俗派の著述家や編集者ら少なくとも6人がなたで殺害されている。昨年8月には著名ブロガー2人の殺害に絡み、ABTのメンバーとみられる3人が逮捕された。このうち1人は英国人だった。

専門家によると、ABTは近年設立されたテロ組織「インド亜大陸のアルカイダ(AQIS)」を通して国際テロ組織アルカイダとつながっているとみられる。マンナン氏らの殺害をめぐっては、AQISのバングラデシュ支部を名乗る組織が犯行声明を出していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]