州都にタリバーン迫る、軍兵士寝返りも アフガン南部

アフガン政府はヘルマンド州での形勢を今後数カ月のうちに逆転したい方針

アフガン政府はヘルマンド州での形勢を今後数カ月のうちに逆転したい方針

「最悪の記憶は、結婚パーティーの会場に迫撃砲が撃ち込まれ、多数の女性や子どもが亡くなった時のこと」と、ある男性が語る。「戦闘が激しくなると警官は去った。私は人けのない場所へ避難しろと言われたが、銃弾やロケット弾が追いかけてきて10人が死んだ。だからここまで逃げてきた」という。

タリバーンに制圧された町から買い物に訪れている男性もいた。この男性の話によると、町の中はタリバーンの支配下に入ってから以前より落ち着き、「かつてはだれもいなかった市場が今はにぎわっている」という。

だが政府当局は、ヘルマンド州での形勢を今後数カ月のうちに逆転したい方針だ。スタネクザイ国防相代行は「問題なのは戦場がどうなっているかではなく、政治的な将来像が国民の信頼を得られるかという点だ。信頼感の醸成に向けて努力する必要がある」「我々はこの国を守らなければならない」と強調した。

新兵を狙った爆弾テロも

そんななか、東部ナンガルハル州の州都ジャララバードでは11日、政府軍の新兵を乗せて首都カブールへ向かっていたバスに爆発物を積んだ三輪オートバイが激突。国防省の報道官によると12人が死亡した。さらに少なくとも38人の負傷者が報告されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]