州都にタリバーン迫る、軍兵士寝返りも アフガン南部

アフガン軍からタリバーンに 男性を取材

カブール(CNN) 街から5キロも離れていない場所に、反政府勢力タリバーンの旗がはためく――。アフガニスタン南部ヘルマンド州の州都、ラシュカルガーに今、かつてないほどの危機が迫っている。

ヘルマンド州は戦略的要衝として知られ、北大西洋条約機構(NATO)が過去15年の支援任務で何百人もの死者を出した地域だ。アフガン当局は今後の支配、奪還作戦に自信を示すが、現地の住民らは強まる脅威に神経をとがらせている。

勢力を盛り返すタリバーン

ヘルマンド州の警察当局者が10日、匿名を条件にCNNに語ったところによると、同州では最近、政府軍の勢いが停滞し、少なくとも5つの地区がタリバーン支配下に入った。奪還を試みた軍部隊もタリバーンに撃退されている。

州都ラシュカルガーには現在、2方向から脅威が迫っているという。

専門家の間では、タリバーンの主な狙いはヘルマンド州で生産されるアヘンだとする見方が強い。同当局者もこれに同意し、タリバーンが最近1週間ほど影を潜めたのは、収穫期を迎えたアヘンの確保に集中していたからではないかと語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]