カースト絡む優遇策で「逆差別」訴え、暴動で16人死亡 インド

2016.02.23 Tue posted at 11:00 JST

[PR]

(CNN) インド北部のハリヤナ州でカースト制度を巡る抗議運動が激化し、少なくとも16人の死者が出ている。22日には州当局との合意が成立したとして、デモ主催者が参加者に対し抗議運動の中止を呼びかけた。

今回のデモでは「ジャート」と呼ばれる比較的裕福なカーストが、被差別カーストに与えられる優遇策は逆差別に当たると主張。週末にかけて道路の封鎖や列車の駅襲撃、建物への放火や略奪が相次いだ。

政府は兵士数千人を配備して、違反者を見かけたらその場で銃撃するよう指示していた。

暴動の影響で首都ニューデリーの大部分に水道水を供給している給水所も破壊された。暴動は収まったものの、同市は大量の水不足に陥っている。給水所は復旧に向けた作業を進めているが、平常に戻るまでには少なくとも24時間かかる見通し。市内の学校は22日が休校になった。

ニューデリー北部の住民によると、水道の供給は20日から止まったままで、地下水をポンプでくみ上げたり、飲料水を買ったりしてしのいでいるという。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]