トルコでまた爆発、6人死亡 軍がクルド系組織を空爆

アンカラ(CNN) トルコ南東部ディヤルバクル県で18日、軍用車両が道路脇に仕掛けられた爆弾の爆発に巻き込まれ、兵士6人が死亡、1人が負傷した。半国営のアナトリア通信が伝えた。

トルコでは17日に首都アンカラで軍の車両が爆発に巻き込まれ、兵士ら28人が死亡する事件が起きたばかり。アナトリア通信によれば、当局はアンカラの事件について、トルコのクルド系非合法武装組織「クルディスタン労働者党」(PKK)と、シリアのクルド系組織「民主統一党」(PYD)の軍事部門「人民防衛隊」(YPG)が共同で実行したとみている。

YPGは過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」との戦いで米国から重要なパートナーとして支援を受け、3万人の規模を誇る。トルコ政府はYPGをテロ組織とみている。

トルコ軍は最近、シリア北部のYPGの拠点を砲撃しており、爆破事件はその報復だというのがトルコ政府の見方だ。同政府はYPGがシリアのトルコ国境に近い広い地域を支配下に収め、独立国家に近い状態になっていると神経をとがらせている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]