オバマ米大統領、パリのテロ現場で献花

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CNN) 国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)に出席するためパリを訪問したオバマ米大統領は30日未明、同時多発テロの現場となったコンサートホール「ルバタクラン」を訪れ1輪の白いバラを献花し、黙とうをささげた。現場にはフランスのオランド大統領も付き添った。

大統領の車列は封鎖された大通りをゆっくりと現場に向かった。周囲は歩行者などが通れないよう立ち入り禁止となり、武装した警察官が警備に当たった。

ルバタクランには英国のキャメロン首相など各国首脳も献花に訪れている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]