クリーンエネルギー開発促進へ、ビル・ゲイツ氏が基金創設

ビル・ゲイツ氏。クリーンエネルギーの基金を創設へ

ビル・ゲイツ氏。クリーンエネルギーの基金を創設へ

ニューヨーク(CNNMoney) 米マイクロソフト共同創業者で慈善事業家のビル・ゲイツ氏が、パリで開幕した国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)の場で、クリーンエネルギーの開発促進を目指す基金の創設を発表する。同基金には各国政府や世界の富豪、ハイテク大手の経営者らが多額の出資を表明している。

ゲイツ氏の新プロジェクト「ブレークスルー・エネルギー・コアリション」は、オバマ米大統領やフランスのオランド大統領と共に発表予定。

各国の政府機関や投資ファンド、企業経営者など20あまりの組織や個人が出資する見通し。中国の電子商取引大手アリババのジャック・マー最高経営責任者(CEO)や、米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO、米ヒューレット・パッカード(HP)のメグ・ホイットマンCEO、英ヴァージングループを率いる富豪リチャード・ブランソン氏らハイテク大手の経営者が名を連ねる。

さらに十数カ国の政府が、今後5年で二酸化炭素を排出しないエネルギー開発のための予算を倍増すると表明した。

「風力や太陽光など再生可能エネルギーは大きな進歩を遂げ、未来の二酸化炭素排出ゼロへ向けた可能性が開けている。だがその変化の規模を考えると、さまざまな道を模索する必要があり、新たなアプローチを発明する必要も生じる」とゲイツ氏は指摘する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]