ロシア機墜落、故障が原因か 遺体と記録装置を発見

エジプトからロシアへ向かっていた飛行機が墜落し、乗客乗員224人が死亡した

エジプトからロシアへ向かっていた飛行機が墜落し、乗客乗員224人が死亡した

カイロ(CNN) ロシアの旅客機が墜落したエジプト・シナイ半島の現場で、飛行データや操縦室内の音声を記録したブラックボックスが見つかった。またエジプトのカマル民間航空相によると、搭乗者224人のうち129人の遺体が収容され、同国の首都カイロへ送られた。

墜落したのはロシアの航空会社コガリムアビアの9268便(エアバスA321型機)。現地時間の31日早朝に乗客217人、乗員7人を乗せ、シナイ半島南端付近に位置するリゾート地シャルムエルシェイクからロシアのサンクトペテルブルクへ向かって出発したが、離陸から23分後にレーダーから姿を消した。

ロシアの国営メディアによれば、乗客の多くは旅行帰りのロシア人とみられる。子どもも搭乗しており、乗客名簿によれば17人だが、ロシア当局は25人としている。

エジプト国内の空港を管理運営するエジプト空港会社(EAC)の責任者がCNNアラビックに語ったところによると、墜落の原因は不明だが、技術上の故障だった可能性が高い。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]