史上最強級のハリケーン、メキシコ太平洋岸に上陸

史上最強級のハリケーンが来襲

(CNN) 米国立気象局によると、観測史上最強級のハリケーン「パトリシア」が現地時間23日午後6時15分にメキシコ太平洋岸に上陸した。風速約74メートルでメキシコ南西部の沿岸地域を進んでいる。

パトリシアは沿岸部のリゾート地プエルトバジャルタの南約210キロの小さな漁村に上陸。その規模は最強のカテゴリー5で、秒速90メートルの風と激しい雨が村を襲った。村では被害が出ている可能性がある。

メキシコ国家水委員会(CONAGUA)によると、パトリシアの目は直径10キロ。上陸の数時間前には最大風速85メートル、最大瞬間風速105メートルに勢力を弱めていた。

ペニャニエト大統領は短文投稿サイトのツイッターで、「パトリシアがメキシコ沿岸に迫っている。外出は控え、身を守り、市民保護当局の指示に従うように」と国民に呼びかけた。

リゾート地のプエルトバジャルタやマンザニロでは観光客や地元住民が避難を始めた。

CONAGUAのロベルト・ラミレス委員長は、ハリケーンは同国を縦断するシエラマドレ山脈を越えてメキシコ湾に到達し、米国に向かう可能性もあると述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]