ベンガルトラの密猟者6人を射殺 バングラデシュ

ベンガルトラ=konacraig/CNN iReport

ベンガルトラ=konacraig/CNN iReport

(CNN) バングラデシュ南西部のシュンドルボン国立公園で先週末、ベンガルトラの密猟者6人が警察に射殺されたことが分かった。

地元警察幹部によると、公園内で8日、警官らが密猟グループを発見し、45分間に及ぶ銃撃戦を展開。警官5人が負傷した。

警察側はトラの皮3枚と銃5丁を押収したという。

シュンドルボン国立公園のマングローブ林にはロイヤルベンガルトラをはじめ、さまざまな希少動物がみられる。トラがすむマングローブ林は世界でここだけとされる。

世界自然保護基金(WWF)によると、ベンガルトラはインドを中心として、バングラデシュ、ネパール、ブータン、中国、ミャンマーに生息。野生状態で生き残っているのは計2500頭足らずで、バングラデシュには少なくとも106頭いると推定される。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]