韓国軍が北朝鮮軍兵士らに警告射撃、南北境界線付近

ソウル(CNN) 韓国軍は10日、同国北西部の坡州(パジュ)で南北軍事境界線に接近した北朝鮮軍の兵士らに警告射撃を行った。

韓国の国防当局者が同日、匿名で語ったところによると、北朝鮮軍兵士らが接近したのは午前9時40分ごろ。韓国軍側は警告放送に続き、約20発の警告射撃を実施した。兵士らは撃ち返すことなく、約3時間後に引き返したという。

北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は10日午後の時点で、この件について何も報じていない。

韓国国防省によると、韓国軍は先月も同様の状況で警告射撃を行った。南北間では今年3月末、朝鮮半島西側の黄海上で数百発に上る砲撃の応酬があった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]