セウォル号船長に死刑求刑 韓国

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セウォル号船長に異例の死刑求刑 韓国

韓国(CNN) 韓国で今年4月に起きた旅客船セウォル号の沈没事故で殺人罪に問われた船長のイ・ジュンソク被告らの公判が27日に開かれ、検察側はイ被告に死刑を求刑、乗員3人には終身刑を求刑した。

韓国で死刑は極めて異例。過去に政治目的で利用されて反発が強まり、この17年間、死刑は執行されていない。

イ船長と3人の乗員は、救命ボートやライフジャケットなどの装備を利用せず、乗客に対する避難の呼びかけも行わなかったとして殺人罪で起訴されていた。

また、事故当時、かじを握っていた女性乗員は、禁錮30年を求刑された。

公判は27日で結審し、後日判決が言い渡される。

4月16日に起きたセウォル号の沈没事故では修学旅行中だった高校生多数を含む294人が死亡した。まだ10人が行方不明になっている。

この事故をきっかけに、安全基準の甘さや多数の乗客を救助できなかった当局に対する批判が韓国国内で広がった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]