マールブルグ出血熱で死者、99人を隔離 ウガンダ

ウガンダ・カンパラ(CNN) 東アフリカのウガンダで、エボラ出血熱と似た症状を引き起こす感染症のマールブルグ出血熱で医療従事者が死亡し、この患者と接触のあった99人が同国内の4カ所で隔離された。同国の衛生当局者が7日に明らかにした。

死亡したのは首都カンパラの病院に勤めていた30歳の男性放射線技師。9月17日に発症し、9月28日に死亡した。

男性がマールブルグ出血熱に感染していたことが確認されたため、接触のあった医療従事者約60人を含む99人が隔離された。現時点で健康状態は全員が良好だという。

また、男性の家族や病院の同僚、葬儀に参列した親類など11人は感染が疑われる症状が出たものの、検査の結果、陰性と診断された。しかし症状が治まらなければ3日後に再検査を行うという。

マールブルグ出血熱のウイルスは1967年に発見された。この時はドイツとユーゴスラビアで31人が感染。感染源はウガンダから輸入された実験用のサルだったことが分かった。

マールブルグ出血熱はエボラ出血熱と同様、感染すると発熱などの症状が出て、悪化すると身体の内外から出血して臓器不全を起こし、死に至る。致死率は80%に達することもある。

ウガンダで2012年に起きた前回の集団感染では、15人のうち4人が死亡した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]