イスラエル、シリアからの無人機を撃墜

(CNN) イスラエル国防軍によれば、同軍は31日、シリアとの国境付近で、イスラエルの領空に侵入してきた無人機を撃墜した。

軍の報道官によれば、無人機をイスラエルが占領するゴラン高原の上空で、地対空ミサイルのパトリオットを使って撃ち落としたという。

イスラエルはこれまでパレスチナのイスラム組織ハマスやレバノンのヒズボラの無人機を撃墜してきたが、シリアからの無人機を撃墜したのは初めて。

無人機を飛ばしたのがシリアのアサド政権なのか、反政府勢力や武装集団なのかは分かっておらず、目的も不明。

これに先立ちゴラン高原では国連平和維持活動(PKO)要員少なくとも44人が武装勢力に拉致され、8月30日には解放のための交渉に当たっていた要員が襲撃された。

ゴラン高原のシリア側にある検問所は先週の時点で、過激派組織「ヌスラ戦線」やシリアの反政府勢力が制圧している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]