イスラエル、ハマスとの戦闘激化 地上戦の可能性も

イスラエル軍による空爆の様子=8日、同軍提供

イスラエル軍による空爆の様子=8日、同軍提供

エルサレム(CNN) イスラエル軍とパレスチナ自治区ガザに拠点を置くイスラム組織ハマスとの戦闘が激化し、イスラエル側は地上戦も辞さない構えを示している。

イスラエルによると、ガザからは8日、ロケット弾130発以上が撃ち込まれた。一方パレスチナ側は、ガザに対するイスラエル軍の空爆で24人が死亡、150人以上が負傷したと報告している。イスラエル側は、ガザからの攻撃を阻止するために空爆を実施し、ガザの「テロ拠点」約150カ所を攻撃したと発表した。

イスラエル中部の商業都市テルアビブにも空襲警報が鳴り響いた。イスラエル軍は8日、同市を狙ったロケット弾の迎撃に成功したと発表した。

テルアビブへの攻撃については、パレスチナの武装組織イスラム聖戦が「ユダヤ人からの攻撃に対する報復だ」とする犯行声明を出した。イスラエルは、ガザで活動する集団の行為はすべてハマスの責任との認識を示している。

ハマスはテルアビブの南東に位置するエルサレムや、北部ハイファにもロケット弾を撃ち込んだと発表した。エルサレム西方では爆発音が3回響いたが、死傷者は報告されていない。

8日に開かれたイスラエルの閣議では、必要となれば予備役4万人を招集する方針が承認された。軍報道官によると、これまでに動員した予備役は約1000人にとどまっている。同報道官は、地上戦に突入する可能性に言及した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]