台風ハイエンによる死者5209人に フィリピン

無人機で台風被災地を撮影

(CNN) 今月フィリピンを襲った超大型の台風30号(ハイエン)による死者数が22日に5209人に達した。国営フィリピン通信が国家災害リスク軽減・管理評議会(NDRRMC)からの情報として伝えた。

ハイエンによる死者数は21日に4000人強だったが、わずか1日で大幅に増加した。PNAによると、22日現在の負傷者数は2万3404人で、1582人が依然として行方不明だという。

ハイエンは8日にフィリピンの6つの島に上陸した。被災地の事態は深刻で、多くの人が食料支援や医療を受けられない状況が続いている。この台風で一部のコミュニティが壊滅的な打撃を受け、約300万人が避難を余儀なくされた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]