バス運転手2人を車内で「処刑」か、レイプ報復で メキシコ

バス運転手射殺の女性容疑者の似顔絵=チワワ州検察当局提供

バス運転手射殺の女性容疑者の似顔絵=チワワ州検察当局提供

同州検察当局によると、容疑者は髪を金髪に染めているか、金髪のかつらを着用。犯行現場に居合わせた20人以上の聴取などを材料にした容疑者の似顔絵を作成して公表、情報提供を呼び掛けている。検察の報道担当者は目的は手段を正当化しないと主張した。

事件発生は他のバス運転手をおびえさせており、2件目の犯行後、多数の運転手が欠勤する騒ぎともなった。勤務を続ける運転手は約半分との情報もある。数百人規模のバス利用者が他の交通手段の確保に奔走する影響も出ている。

米テキサス州エルパソと国境越しに向き合うシウダーフアレスでは1990年代や2000年代初期に、若い独身女性らが行方不明となり、砂漠地帯にある墓穴で遺体が見つかる事件が多発。

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルによると、同市では1993~2005年の間、若い女性や少女ら370人が殺害された。大部分の事件は未解決となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]