乗員全員の生存絶望視、4遺体収容 インド潜水艦事故

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インド潜水艦事故

ニューデリー(CNN) インド西部ムンバイで今月14日発生した同国海軍のロシア製ディーゼル潜水艦「シンドゥラクシャク」の爆発、炎上事故で、インド国防省当局は16日、事故発生時に艦内にいた乗組員18人が生存している可能性はほぼないとの見方を示した。

艦内や遺体の損傷の状況などを踏まえた判断となっている。18人のうち将校は3人で、残りが下士官。

17日には遺体4体を収容した。いずれも激しいやけどを被っており、身元は判明していない。海軍病院でDNA鑑定による身元確認作業を行う。

海軍の潜水士が過去2日間、閉じ込められた乗員の捜索作業を実施していたが、漏出した油や泥水などが艦内に漂って視界が悪く、難航している。

事故原因は依然不明。国防省によると、乗員全員の収容作業が完了するまで、船体の引き揚げは実施しない。同潜水艦は最近、ロシアでの全面改修作業を終えてインドに戻ったばかりだった。

「World」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]