モスク襲撃で44人死亡 ナイジェリア

ナイジェリア北東部ボルノ州でモスクが襲われ、少なくとも44人の死者が出た

ナイジェリア北東部ボルノ州でモスクが襲われ、少なくとも44人の死者が出た

ナイジェリア・プラトー州(CNN) ナイジェリア北東部ボルノ州コンドゥーガで11日朝、自動小銃を持った武装集団がモスク(イスラム礼拝所)を襲撃し、少なくとも44人が死亡した。警察当局者が明らかにした。

この地域では以前、イスラム過激派組織ボコ・ハラムが襲撃を行っているが、今回の事件はまだ警察が捜査中だ。

ナイジェリアの人口は推定1億7450万人で、アフリカの国で最も多い。米中央情報局(CIA)の「ザ・ワールド・ファクトブック」によると、ナイジェリアでは人口の約50%がイスラム教徒、40%がキリスト教徒だという。

国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチによると、イスラム教徒が多い北部とキリスト教徒が住む南部の戦闘で、これまでに少なくとも2800人が命を落としたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]