北朝鮮、「世界最良の人権保護制度」を誇示 国連調査委に反発

平壌市内の店が開くのを待つ人々=2010年

平壌市内の店が開くのを待つ人々=2010年

(CNN) スイスのジュネーブに本部がある国連人権理事会の北朝鮮代表は24日までに、同理事会が北朝鮮による深刻かつ組織的な人権侵害を調査する委員会設置を決めたことに反発、「北朝鮮は人権保護や促進で世界で最良の制度の1つを保持している」と誇示した。

同理事会で北朝鮮代表が述べた。北朝鮮住民はこの制度を誇りにしているとも付け加え、理事会が調査を実行するなら重大な結果を招くと警告。委員会設置は北朝鮮のイメージ悪化を狙う敵対勢力の政治的思惑の産物と批判した。

同理事会は21日に委員会設置を全会一致で決定した。北朝鮮の人権問題に関する国連特別報告者が、北朝鮮内では拷問や奴隷状態の仕打ち、強制失踪、殺人などが起きており人道に対する犯罪に等しいとした報告書の提出を受けた措置となっている。

ただ、北朝鮮が人権理事会委員会の調査に応じる可能性はないともみられる。

人権擁護団体によると、北朝鮮内には政治犯を収容するとみられる多数の刑務所があり、最大で20万人が押し込められている可能性がある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]