安倍首相、中国のレーダー照射を「危険な行為」と非難

沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)

沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)

東京(CNN) 安倍晋三首相は6日、東シナ海で中国の軍艦が海上自衛隊の護衛艦にレーダーを照射したことについて、「危険な行為」であり「遺憾だ」として不快感を表明した。

首相はこの日の参院本会議で、レーダー照射は「不測の事態を招きかねない危険な行為」だったと指摘。中国に対し、事態をエスカレートさせないよう強く自制を求めた。

レーダー照射が起きたのは1月30日。小野寺五典防衛相は5日、同19日にも中国の別の艦艇が海自のヘリコプターにレーダーを照射した疑いがあると説明していた。

米国務省のヌーランド報道官は5日の記者会見でこの問題に「懸念」を表明し、中国の行為は「緊張を高め、不測の事故や判断ミスが起きる危険性を増大させる。地域の平和と安定、経済成長を損ねかねない」と警告した。

日中間では、東シナ海の尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権を巡り緊張が高まっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]