フィリピン、中国を国際裁判所に提訴へ 南シナ海領有権巡り

中国海軍の潜水艦

中国海軍の潜水艦

香港(CNN) フィリピンと中国が南シナ海で領有権を争っている問題で、フィリピンのデルロサリオ外相は22日、この問題を国際仲裁裁判所に持ち込むと発表した。

デルロサリオ外相は「フィリピンが中国との領海問題を平和的交渉で解決するための政治的、外交的手段はほぼ尽きた」と述べ、国連海洋法条約に基づいて国際仲裁裁判所で中国の主張に反論する意向を表明した。

中国国営通信は同日、フィリピン政府の発表について報じたが、現時点で中国政府の反応は伝えていない。

南シナ海についてはベトナムやマレーシアも領有権を主張している。中国とフィリピンの間では昨年、問題の海域にある岩礁を巡って海軍同士がにらみあう事態が続き、一時的に緊張が高まった。フィリピンは数か月後、悪天候を理由に艦船を撤収させた。

中国は南シナ海の大半で領有権を主張しており、定期的な海洋パトロールでこの主張固めを狙っていると見られる。東シナ海にある小さな島をめぐっても、日本に対して同様の姿勢を取っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]