バイソンに接近した女性が角で突かれ負傷 イエローストーン国立公園

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イエローストーン国立公園で、バイソンに近付いた女性が角で突かれるなどして負傷した/Karla Ann Cote/NurPhoto/Getty Images

イエローストーン国立公園で、バイソンに近付いた女性が角で突かれるなどして負傷した/Karla Ann Cote/NurPhoto/Getty Images

(CNN) 米イエローストーン国立公園で30日、放し飼いのアメリカバイソンに近付いた女性(25)が角で突かれ、投げ飛ばされて負傷した。

公園のスタッフによると、女性は園内の遊歩道近くでバイソンから3メートル以内の範囲まで接近した。

警戒したバイソンが女性を襲ったとみられる。女性は刺し傷などを負い、救急車で病院へ搬送された。

当時、ほかにも2人がこのバイソンから7~8メートルの距離にいたという。

スタッフらによれば、バイソンが近寄った来園者に反応し、角で突くケースは後を絶たないが、今年報告されたのは初めて。

園内の動物の中で、バイソンは来園者を負傷させる件数が最も多い。「バイソンは思いがけない動きをするし、人間の3倍の速さで走る」と、スタッフらは指摘する。

公園は来園者らに、クマやオオカミから100メートル以上、バイソンやシカ、コヨーテなど大型の動物からは25メートル以上離れるよう注意を呼び掛けている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]