米フィラデルフィア、学校でのマスク着用義務を再導入 感染者増加で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スクールバス内でマスクを着用する生徒=23日、米ペンシルベニア州フィラデルフィア東部/Joseph Kaczmarek/Shutterstock

スクールバス内でマスクを着用する生徒=23日、米ペンシルベニア州フィラデルフィア東部/Joseph Kaczmarek/Shutterstock

(CNN) 米北東部ペンシルベニア州のフィラデルフィア学校区で、校内でのマスク着用が再度義務化された。

同学校区は先月、新型コロナウイルス感染対策のマスク着用義務を任意に切り替えていたが、20日に再導入を発表。職員と生徒は全員、学校とスクールバス内でマスクを着けるよう指示した。

市内で新規感染者が増えていることを受け、保健当局から勧告があったという。

当局のツイートによると、同市で確認された新規感染者は23日の時点で1日平均400人、18日現在の入院患者は142人に上っている。

隣接するモンゴメリー郡も感染の「高リスク」地区に指定され、郡内のノリスタウン学校区が屋内でのマスク着用を義務化すると発表した。チェルトナム学校区でも24日夜の会合で、屋内でのマスク着用を「強く推奨」する方針が承認される見通しだ。

各学校区の年間予定表によると、夏休み前の授業はフィラデルフィアとチェルトナムで来月14日、ノリスタウンでは同9日に終了する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]