エリック・クラプトン、コロナ陽性でツアー延期

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エリック・クラプトンがコロナ陽性でツアーを延期/Harry Herd/Redferns/Getty Images

エリック・クラプトンがコロナ陽性でツアーを延期/Harry Herd/Redferns/Getty Images

(CNN) 著名なギタリストのエリック・クラプトンが、新型コロナウイルスの検査で陽性となり、ツアーの一部を延期することがわかった。クラプトンはこれまで、新型コロナウイルスワクチンの接種義務化やロックダウン(都市封鎖)について懐疑的な見方を示していた。

クラプトンのコロナ陽性は16日の公式フェイスブックへの投稿で確認された。今月初めにロンドンで公演を行った後、検査で陽性となったため、スイス・チューリッヒとイタリア・ミラノの公演は中止せざるを得なかったという。

投稿によれば、クラプトンは医療関係者から、あまりに早くツアーや公演を再開すると、回復が大幅に遅れる可能性があると告げられた。クラプトンはバンドやプロモーター、スタッフ、ファンらに新型コロナウイルスをうつさないことを望んでいるという。

クラプトンはこれまで、ワクチンやロックダウンなどの新型コロナウイルスの流行を抑止するための措置について懐疑的な見方を示してきた。ローリングストーン誌によれば、クラプトンは昨年、2度目のワクチン接種の副作用について「破滅的」であり、ワクチンの安全性は「プロパガンダ」のために誇張されていると語っていた。

フェイスブックへの投稿によれば、中止となった公演について今後半年の間に新たな日程を決定するという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]