プーチン大統領は「戦争の長期化に向け準備」 米国家情報長官

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロシアのプーチン大統領が戦争の長期化に備えていると指摘するヘインズ米国家情報長官/Jose Luis Magana/AP

ロシアのプーチン大統領が戦争の長期化に備えていると指摘するヘインズ米国家情報長官/Jose Luis Magana/AP

(CNN) 米情報機関トップであるヘインズ国家情報長官は10日、上院の公聴会に出席し、ロシアのプーチン大統領がウクライナで行っている戦争について、今後数カ月のうちに、より予測が難しく、事態が激化する可能性が高いとの見方を示した。

ヘインズ氏は、プーチン氏の次の動きについて、プーチン氏が自身の野望とロシア軍の能力との不一致に直面していることなどから予測することが難しくなると述べた。

現地での状況は、プーチン氏がより過激な手段を採用する可能性が高まるという。その中には、戒厳令の実施や軍事行動の激化などが含まれる。

ヘインズ氏によれば、情報機関は、プーチン氏がロシアの存続に対する脅威を感じない限りは核兵器の使用に向かうことはないとみているという。米国防情報局(DIA)のベリエ長官も、米国はロシアが戦術核兵器や戦場核兵器を使うために即座に行動するとは予期していないと述べた。

ウクライナでは東部でロシアとの戦闘が激化している。情報機関はプーチン氏の目標はドンバス地方の先へ支配地域を拡大することだとみているが、ロシアがそれに成功しても、ドンバス地方での戦闘が実質的に戦争を終わらせることになるか確信が持てないという。

ヘインズ氏によれば、プーチン氏は東部のドンバスとルハンスクの2州とヘルソン市の支配を望んでいるほか、「回廊」をウクライナ南部からモルドバにある分離派支配地域トランスニストリア(沿ドニエストル)へと延長させたい可能性がある。トランスニストリアまで到達するにはロシア国内で完全な動員をかけなければならないが、プーチン氏はそうした対応をこれまでは取っていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]